最近の記事
header_logo.GIF

英語・中国語・海外進出ならお任せ下さい。

2018年09月09日

シンガポール・タイ  健康長寿関連分野」 トッププロモーション・キックオフセミナーのご案内

シンガポール・タイにおいて、2050年には総人口における高齢者の割合が30%を超
えると予測され、介護施設の建設が進むなど、来るべき高齢化社会に備える動きが
進んでおり、健康長寿分野における大阪企業の製品等の現地市場展開が期待できる
ところです。
この度、同分野に関連してシンガポール・タイ市場に参入を検討・希望される日本
企業を対象に、現地市場の最新動向等をお伝えするセミナーを開催します。また、
2019年2月に実施予定の大阪府企業ミッション団派遣についてもご案内します。

◆日 時:2018年9月28日(金) 13:00〜16:30
◆会 場:阪南大学あべのハルカスキャンパス(あべのハルカス23階)
◆主 催:大阪府、大阪・海外市場プロモーション事業推進協議会
◆詳細・申込:こちらのページをご覧ください。(締切:9月25日(火))
           ↓↓↓
    http://www.pref.osaka.lg.jp/keizaikoryu/event/0928tpseminar.html
◆参加費:無料
◆定 員:80名(1社2名まで、申込先着順)
◆お問合:大阪府 商工労働部 国際ビジネス・企業誘致課
     TEL:06-6210-9503  FAX:06-6210-929
          Email:global@gbox.pref.osaka.lg.jp  
posted by Mark at 19:15| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

フィンテック業界における世界最大規模のイベント    「Singapore Fintech Festival 2018」(シンガポール)

フィンテック業界における世界最大規模のイベント
   「Singapore Fintech Festival 2018」(シンガポール)

アジアの金融ハブであるシンガポールは、近年注目を浴びるフィンテック導入に
向けた環境整備を進めています。また、シンガポールはアジアのスタートアップ
拠点を目指し、企業活動を支えるエコシステムを整備。ベンチャーファンドやア
クセラレーターなどの集積も進んでいます。
ジェトロは、シンガポール通貨金融庁(MAS)が開催する、フィンテック業界に
おける世界最大規模のイベント「Fintech Festival 2018」の展示会にジャパン・
パビリオンを設置します。「Innovationを通してASEANの社会課題解決に貢献す
る日本」をキーコンセプトに、優れたフィンテック技術を持つ日本企業の海外
展開を支援するため、海外企業とのマッチング等を実施します。ぜひご応募く
ださい。

▼詳細はこちら
https://www.jetro.go.jp/events/sie/befa301ea7f98637.html

◇日時:2018年11月12日(月)〜14日(水)
    ※「Singapore Fintech Festival 2018」全体の会期は、
     2018年11月12日(月)〜16日(金)の5日間です。
◇開催場所:シンガポール
◇会場:Singapore EXPO
◇募集企業数:15社(予定)
◇対象分野:
  フィンテック関連技術
  金融向けIoT技術、認証システム、バイオメトリックス、センサー、
  クラウドコンピューティング、人工知能、電子・モバイル決済システム、
  ビッグデータ、API、サイバーセキュリティー、ブロックチェーン、
  インシュアテック、レジテック等
◇出品料:51,000円(不課税)
     ※ジェトロ・メンバーズ割引有り
◇申込締切:2018年7月18日(水)12:00まで
◇お問い合わせ:
 商務・情報産業課 担当:都築、清水、久保田
 Tel:03-3582-5227 Fax:03-5572-7044 E-mail:sie@jetro.go.jp

▼上記展示会情報(J-messe)
◇Singapore FinTech Festival
https://www.jetro.go.jp/j-messe/tradefair/SingaporeFinTech_60794

=========

posted by Mark at 23:29| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

ジョホール州との鉄道、計画どおり2024年開通へ (シンガポール)


シンガポール発

2018年04月24日

シンガポールのコー・ブンワン・インフラ調整相兼運輸相は4月17日、同国とジョホール州を結ぶ高速輸送システム(RTS)が、2024年までに計画どおり完成するとの見通しを示した。同運輸相は同日、ジョホール州南部の国境近くに建設中のRTSのマレーシア側発着駅ブキット・チャンガール(Bukit Changar)駅を視察し、その写真と動画を翌18日に自身のフェイスブックに公開した。

マレーシア南部ジョホール州とシンガポールは現在、コーズウェイ橋と第2連絡橋(セカンド・リンク)の2つの橋で結ばれている。両国政府は2010年5月、同州とシンガポールを結ぶRTSの建設に合意し、当初2018年の開通を目指していたが、その後2019年に延期。両国政府は2018年1月、2024年の開通を目指すことで再合意していた。

RTSが完成すれば、ブキット・チャンガール駅と、新たに建設される高さ25メートルの橋を経て、対岸のシンガポール北部の国境沿いに建設予定のウッドランド・ノース駅を約5分で結ぶことになる。RTSは1時間当たり一方向で、最大1万人の乗客を運ぶことができる見通しで、コーズウェイ橋の渋滞の緩和が期待されている。コー運輸相はフェイスブックで、「RTSが2024年に完成すれば、ジョホール海峡を渡る人々が最も利用する交通手段となる」と述べた。

RTSは最終的に、シンガポール北部ウッドランド・ノース駅から都心部に当たる南部を経て東部を結ぶ、全長43キロの新しい大量高速鉄道(MRT)路線「トムソン・イーストコース線(TEL)」に接続する予定だ。TELは現在建設中で、2019年以降に段階的に開通する予定。

(本田智津絵)

(シンガポール)

posted by Mark at 09:54| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

パーム油発電を考えられている企業様に グローバル・シー有限会社は、遺伝子組み換えの大豆油を5年間固定価格で供給いたします。

パーム油発電を考えられている企業様に
グローバル・シー有限会社は、遺伝子組み換えの大豆油を5年間固定価格で供給いたします。

月5000MT MAX

The specifications are as follows;
Soybean Oil for Power Generation
.Free Oil Acidity (Expressed OS Oleic Acid)
. Max Refractive Index ay40c 1.466-1.470
.Peroxide value (Meg GR/KG) 1.0 Max
.Saponification value 189-195 Iodine value 120-143
.Density at 20c. 909-925
.Appearance Clear Soap Test .005% max
.Insoluble Impurity in either .05% max volatile matter at 105c Test negative
.Mineral Oil Test negative
.Sesame Seed Oil Test Negative
.Cold Test after 24hours negative

価格等、購入に関しては、グローバル・シーに
お問い合わせください。
posted by Mark at 18:20| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

供給可能なバイオマス原料

グローバル・シーはWood Pellets, Wood Chip Lignin, PKS, ココナツシェル、遺伝子組み換え大豆油、パーム油、PAO, カシューナッツオイル、廃食油(UCO)を供給可能です。 

供給先は、インドネシア、マレーシア、フィリピン、 タイ、ベトナム、ペルー、カナダ、南アフリカ等です。 

PKSは年間96万トン、Wood Pelletsは年間59万トン、 パーム油は年間60万トン供給可能です。 

バイオマス発電は、FIT価格で20年間固定で売値が決まって いますが、その原料価格は日々変動します。 

グローバル・シーでは、長期に安定的に固定価格で供給 するために、バイオマス発電所とバイオマス原料供給先と 投資家をつなぐ橋渡しをしています。 

具体的にはインドネシアでPAO(パームアシッドオイル)を 長期に購入し、そこからRBDパーム油同等品を生産し、 パーム発電所に供給するというスキームで、1工場で3億円投資で 月600トン生産する精製工場を10−100造る計画です。 また、マレーシアに2か所のパームプランテーションの売り物件が あります。 

今回、これらの事業に投資して頂ける投資家を探しています。 ご興味のある方は、グローバル・シーまでお問い合わせください。 

ご参考までに直近の供給可能なバイオマス原料一覧を添付します。 供給可能なバイオマス原料一覧.pdf
posted by Mark at 14:59| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

シンガポール国際水週間2012・水エキスポ(SIWW2012)」                            出品者募集

ジェトロは、シンガポール国際水週間の水エキスポ(2012年7月2日〜4日)に、
前回に引き続き、ジャパン・パビリオンを組織して参加します。水処理分野に関
連する企業の皆様は、この機会に是非出品をご検討ください。

◆会 期:2012年7月2日(月曜)〜4日(水曜)
◆開催地:シンガポール
◆会 場:Sands Expo & Convention Center
◆出品対象:水関連技術・サービス
◆出品料(一例):<中小企業料金(輸送なし)> 260,000円/小間
         <一般料金(輸送なし)>   520,000円/小間

◆詳細・お申し込みはこちら↓↓
 http://www.jetro.go.jp/industry/environment/events/20111228373-event

◆お申し込み締切:2012年2月22日(水曜) 書類必着

◆お問い合わせ先:ジェトロ 海外見本市業課(担当:九鬼(くき)、堤)
         TEL:03-3582-5183 FAX:03-3505-0450 
         E-mail:fab7@jetro.go.jp
posted by Mark at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

シンガポールにおける科学技術政策と、日星間における連携の可能性」(仮題)

  http://www.osaka.cci.or.jp/b/pdf11/ls111005sgp.pdf
============================================================□■□■

 シンガポール経済開発庁EDB(Economic Development Board)と、
大阪商工会議所は、シンガポール科学技術研究庁ASTAR
(Agency for Science, Technology and Research)のリム・チュアン・ポー長官の
来日に合わせ、医療分野に焦点を当て、シンガポールと日本両国間における
連携の可能性を模索するシンポジウム「シンガポールにおける科学技術政策と
日星間における連携の可能性(仮題)」を開催いたします。
 現在、日本国内においては、医療機器関連産業に多くの企業が関心を寄せ、
様々な業種の企業において具体的なビジネス展開を検討するケースが
多数みられます。内閣官房に設置された医療イノベーション推進室でまとめられた
「医療イノベーションの目指す方向性」では、「異業種からの参入・
企業間の連携を促進し、海外に展開できる国際競争力の高い医療機器産業へ発展」
をめざすことが謳われるなど、海外市場も狙った医療機器開発に注目が
集まってきております。
 一方、シンガポールは、バイオポリスにおいて先端的なライフサイエンス関連
研究が進展し、医療機器分野においても優れた人材、先進医療を提供する
医療機関の集積を背景に、すでに多くのグローバル医療機器企業が進出し、
埋め込み型機器から研究用器具まで、多様な医療製品を開発・製造が進んでおり、
特にアジア市場を狙う医療機器企業とっては、重要な研究開発拠点と
なっています。
 本シンポジウムは、医療機器産業にフォーカスし、シンガポールの医療機器
開発支援のしくみ等をご紹介いただき、日本企業がどのようにシンガポールの
組織や企業等と連携できるか模索していただくために開催いたします。
 先着順でお申し込みをお受けいたします。お早目のお申し込みを
お願い申し上げます。

■■■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名  称:「シンガポールにおける科学技術政策と、
      日本とのコラボレーションの可能性」
       〜ライフサイエンス分野に焦点を当てた今後の連携への検討〜
日  時:2011年10月5日(水)14:00〜16:00
場  所:ヒルトンホテル大阪 4階 金閣の間
〒530-0001 大阪市北区梅田1-8-8 TEL: 06-6347-7111

主  催:シンガポール経済開発庁(EDB)、大阪商工会議所
協  力:独立行政法人国立循環器病研究センター 他(予定)
参 加 費:無料
定  員:150名(申込先着順、企業関係者を優先させていただきます) 
言  語:日-英(同時通訳付き)
参加申込:別紙の参加申込書に記入の上、FAXにてお申込みください。
そ の 他:参加証は発行いたしませんので、申込後、直接会場にご参集ください。
プログラム(予定):
(1) オープニング  
   開会挨拶 大阪商工会議所 副会頭 古川 実
(2) 基調講演「シンガポールの科学技術政策と日本企業との連携に対する期待」 
   〜シンガポールにおける医療機器関連企業支援のしくみ〜(仮題) 
    シンガポール科学技術研究庁(ASTAR)長官 リム・チュアン・ポー氏
(3)パネルディスカッション
モデレーター:国立循環器病研究センター 研究所副所長
        研究開発基盤センター長 妙中 義之氏
講演 「世界市場をめざす企業に魅力あるプログラムを提供する
      シンガポール政府の最新の動き」(仮題)
シンガポール共和国大使館 一等書記官 チュア・イァクファ氏
「日本の医療イノベーションのゆくえ」(仮題)   
       国内関係機関 (調整中)               
パネル・ディスカッション
   「日本の医療機器開発の動きとシンガポールとの連携の可能性」(仮題) 

<<お問い合わせ>> 
大阪商工会議所 経済産業部 ライフサイエンス振興担当 岡崎・槇山
tel: 06-6944-6484 fax: 06-6944-6249
e-mail: ma-okazaki@osaka.cci.or.jp
posted by Mark at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

シンガポール国際エネルギー週間」セミナー開催と参加者募集のご案内!

http://www.jetro.go.jp/events/seminar/20110511559-event [7月22日(金)]
┃−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
┃ シンガポールエネルギー市場局は、世界の主要エネルギー問題に対する見通しを
┃政府高官、業界リーダー、学識経験者らが議論、意見交換する場として
┃「シンガポールエネルギー週間(SIEW)」を毎年主催しています。
┃第4回目を迎える今年は、「エネルギーの未来を確かなものに」をテーマに
┃10月30日から11月4日まで開催されます。このテーマは、世界的なエネルギー需要の
┃急増、気候変動の懸念、そして持続可能な開発に対し、将来に向け安定した
┃エネルギー供給を確固たるものにする政策の再考が求められていることを
┃強調するものです。
┃ JETRO、シンガポール政府観光局、シンガポールエネルギー市場局では、
┃7月22日(金)15:00より帝国ホテル大阪にて、SIEWの案内と、経済が
┃活況を呈するシンガポールおよび周辺地域のエネルギー市場やビジネス機会
┃について説明するセミナーを開催します。

┃日 時:7月22日(金) 15:00〜18:30
┃場 所:帝国ホテル大阪22階アポロン 
┃    〒530-0042 大阪市北区天満橋1-8-50(TEL:06-6881-1111)
┃内 容:15:00〜17:00 セミナー
┃    「アジア・ビジネスの拠点としてのシンガポール」 
┃    「SIEWのご案内およびシンガポールと周辺地域のエネルギー市場と
┃     ビジネス機会」
┃    「Clean Energy Expo Asia 2011ジャパンブースのご案内」など
┃    17:00-18:30 ネットワーキング懇親会
┃参加費:無料
┃定 員:50名
┃申 込:下記リンク先のページよりお申し込みください
┃     https://www.jetro.go.jp/form5/pub/tnd/poo
┃ [締切:7月20日(水)] 
┃問 合:シンガポール政府観光局 大阪オフィス(担当:高橋・根本)
┃    TEL:06-6358-7560、FAX:06-4801-5780
┃    E-Mail:s-nemoto@wipgroup.com
┃主 催:JETRO、シンガポール政府観光局、シンガポールエネルギー市場局
┃後 援:近畿経済産業局、関西経済連合会

posted by Mark at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

 シンガポール・クリーンエナジーセミナー          エネルギー関連政策及びビジネス動向

   〜Singapore International Energy Week 2011の開催を前に〜
     ★〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜★
   シンガポール政府は、再生可能エネルギー等のクリーンエネルギー関連
  産業を戦略的経済成長分野として、2015年までに17億ドルの生産、7,000人
  分の雇用を生み出すことを目標としています。そのため同国はクリーンエ
  ネルギーの利用を推奨し、有力な外資企業の誘致、R&D及び人材育成の
  支援制度の整備を進めており、情報・人・技術が集積する世界の「クリーン
  エネルギー・ハブ」を目指しています。
   このたび、シンガポールのエネルギー政策の所管機関であるEnergy
  Market Authority(EMA)の有識者を招き、同国におけるエネルギー政策およ
  びビジネス動向、シンガポールエネルギー週間(SIEW)に関する情報をご
  講演いただきます。シンガポールのクリーンエネルギー政策及びビジネス
  動向にご関心のある皆様、ぜひご参加ください。
  ◇日時:<東京> 2011年7月21日(木) 
          15:00〜17:00(ネットワーキング17:00〜18:30)
  <大阪> 2011年7月22日(金) 
          15:00〜17:00(ネットワーキング17:00〜18:30)
  ◇場所:<東京> ジェトロ本部 5階ABC会議室
          (港区赤坂1-12-32 アーク森ビル)
  <大阪> 帝国ホテル大阪22階アポロン(大阪市北区天満橋1-8-50)
  ◇主催・共催: ジェトロ、Energy Market Authority(EMA)、シンガポール
          政府観光局(STB)
  ◇参加費: 無料
  ◇定 員: <東京>80名  <大阪>50名
        ※クリーンエネルギー関連の技術・製品・プラントを製造・
         販売・運営する企業様の参加申込みを優先的に受理致します。
  ◇申込締切: 2011年7月14日(木曜)
  ◇詳細、お申し込み
   → http://www.jetro.go.jp/events/seminar/20110511559-event

posted by Mark at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

クリーンエネルギー専門見本市@シンガポール

クリーンエネルギー専門見本市@シンガポール
「Clean Energy Expo Asia(CEEA)2011」ジャパンブース
     ★〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜★
   世界のエネルギーハブを目指すアジア太平洋地域有数のクリーンエネル
  ギー専門見本市です。省エネルギー、再生可能エネルギー、ITや次世代自
  動車を包括したスマートコミュニティ等の分野の有力企業の経営者、政策
  決定者たちが世界各地から結集します。
   ジェトロでは、2009年、2010年に引き続きジャパンブースを運営します。
  東南アジアのクリーンエネルギー市場にご関心のある方は是非出品をご検
  討ください。

  ◇会 期:  2011年11月1日(火)〜3日(木)
  ◇開催地:  SUNTEC展示場(シンガポール)
  ◇主 催:  Koelnmesse Pte Ltd、Sustainable Energy Association of
        Singapore (SEAS)
  ◇対 象:  省エネルギー、再生可能エネルギー(太陽光、地熱、風力、
        水力、バイオマス、波力、潮力)に関わる製品・技術等
  ◇出品料:  中小企業:180,000円/小間
        中小企業以外:360,000円/小間
         ※ジェトロ統一装飾、基本備品付き、輸送なし
  ◇募集小間数:9小間(1小間=約9平方メートル)
  ◇申込締切: 2011年8月2日(火)必着 ※定員に達し次第募集締め切り

  <詳細・申込はこちら>
   → http://www.jetro.go.jp/events/tradefair/20110530908-event
posted by Mark at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

IFAI産業繊維資材総合展示会視察ツアー

3月22-25日にシンガポールでIFAI Expo Asia 2011(IFAI産業繊維総合資材総合展示会)が開催されます。この展示会にむけてIFAIジャパンビジネスツアー・シンガポール2011 が企画されました。企業訪問、VIPレセプション、ミーティング、IFAI Expo 用語集その他資料の配付、海外業界人とのネットワーキング、ホテル、航空券その他交通機関手配など単独でのExpo参加では経験できない多くの情報、経験、ネットワークを手に入れてください。詳細をご覧のうえ、皆様の積極的なご参加を期待しています
posted by Mark at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

NEDO「技術実証事業FS 省エネビル技術実証事業(シンガポール)」に係る公募 

 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、我が国の有する省エネル
ギー・石油代替エネルギー技術をシンガポールの既設ビルを対象に導入、有効性を
実証するための事業委託先を募る。実施可能性調査(FS)、技術実証事業、フォロ
ーアップ事業の三段階で実施するが、今回は実施可能性調査(FS)の募集。調査委
託期間(予定)は約6カ月程度、調査委託費(NEDO費用負担額)は3,000万円以下。
応募は郵送または持ち込みで、締切りは2月2日(12時00分)。

※詳細はNEDOのWEB
 http://app3.infoc.nedo.go.jp/informations/koubo/koubo/AT1/nedokoubo.2010-12-17.6578246267/
posted by Mark at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

シンガポール国際水週間2011・水エキスポ(SIWW2011)                 ジャパン・パビリオン」参加者募集のご案内

ジェトロは、第4回となる2011年シンガポール国際水週間の「水エキスポ」におい
ても、ジャパン・パビリオンを設けます。水処理分野における見本市参加の機会
として、是非出品をご検討ください。

【CIWW2011 概要】
◆会 期:2011年7月5日(火曜)〜7日(木曜)
◆会 場:サンテック・シンガポール国際会議・展示センター
◆主 催:Singapore International Water Week Pte Ltd.

【ジャパン・パビリオン 概要】
◆主 催:ジェトロ
◆募集小間数:36小間(12平米/小間)(予定)
◆出品対象分野:水関連技術・サービス(貯水処理、浄水輸送、洪水対策・気候
        変動適応策、コンサルタント及び技術サービス、ダイム式水力
        発電、脱塩技術、水処理・リサイクリング他)
◆出品料(1小間 3m×4m=12平米 予定):中小企業料金
         <標準ブース> 輸送あり 370,000円、
                 輸送なし 260,000円
         <スペースのみ> 輸送あり 270,000円、
                  輸送なし 160,000円

◆詳細・お申し込みはこちら↓↓
 http://www.jetro.go.jp/industry/environment/events/20101210994-event

◆お申し込み締切:2011年2月15日(火曜) 書類必着

◆お問い合わせ先:ジェトロ海外見本市課(担当:竹内、望月、堤)
         TEL:03-3582-5183 FAX:03-3505-0450
         E-mail:fab7@jetro.go.jp 
posted by Mark at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

日星インフラ・アライアンスセミナー  ―インド等新興市場の開拓に向けて―

本セミナーは、シンガポール政府の海外ビジネス促進機関であるIE シンガポール
との共催により開催し、アセンダス(不動産開発)、YCH(物流)、ジュロン・
インターナショナル(コンサルタント)といったシンガポール企業の新興市場に
おける取り組みをご紹介します。あわせて、近年日本企業の進出熱が高まるインド
南部タミルナドゥ州チェンナイの投資環境、インフラ開発事情等についてジェ
トロ・チェンナイの所長がご紹介します。

◆日時: 2010年11月16日(火)9:00〜12:30(受付開始8:30)
◆場所: 日本貿易振興機構(ジェトロ)5 階展示場
     〒107-6006 東京都港区赤坂1 丁目12-32 アーク森ビル
◆主催: 日本貿易振興機構(ジェトロ)
◆共催: シンガポール国際企業庁(IE シンガポール)
◆プログラム(案):同時通訳付
 9:00-9:10 開会挨拶  ジェトロ副理事長 中富 道隆
 9:10-9:25 基調講演  IE シンガポール副長官 チュア・テックヒム氏
 9:25-10:45 シンガポール企業による新興市場における取り組み紹介
       @アセンダス、AYCH、Bジュロン・インターナショナル
 10:45-11:00 休憩
 11:00-11:30 チェンナイ(タミルナドゥ州)の開発事情
       ジェトロ・チェンナイ所長 藤井真也
 11:30-12:30 質疑応答、ネットワーキング

<講演シンガポール企業の概要>
@アセンダス(Ascendas)
貿易産業省(MTI)傘下の工業団地運営会社JTC の子会社で、シンガポール国内
をはじめ、インド、中国、韓国、ベトナム、マレーシア、フィリピンなどを中心
に、10 カ国30 都市以上で工業団地やオフィス・スペースを開発・運営し、日本
の大手企業の多くも入居。
AYCH(YCH Group)
物流・サプライチェーン管理(SCM)大手。デル、モトローラ、キヤノンなど多国
籍企業から物流業務を委託。シンガポールを本拠に、アセアン、インド、中国、
豪州等に拠点を持つ。
Bジュロン・インターナショナル(JURONG International)
政府系工業団地運営会社JTC のコンサルタント子会社。シンガポール国内の工業
団地で培った40年以上の経験をもとに、インド、アセアン、中国、中東など海外
39 カ国140 以上の都市で経済特区、港湾、工業団地、IT パーク、住宅、リゾート
などの基本計画・設計・コンサルティング・建設・設備管理サービスを提供。

◆お申込み、お問合わせ
 下記よりお申し込みください(参加費: 無料、定員: 150 名)。
 URL:http://www.jetro.go.jp/events/seminar/20101012389-event
○ジェトロ本部産業技術部インフラ・プラントビジネス支援課
 担当:岩村、小林、伊津野(いづの) TEL: 03-3582-5542
○ジェトロ・シンガポール
 担当:久富 TEL: +65-6429-9502
◆参加お申込み期限: 11 月8 日(月)(先着順)
※1 社から複数名の申込みがある場合は調整させていただく場合があります。
※受講いただける方には11 月12 日(金)までに受講証を送付します。
◆セミナー会場へのアクセス
東京メトロ ・南北線「六本木一丁目」駅3番出口から徒歩1 分
・南北線・銀座線「溜池山王」駅13 番出口から徒歩3分
・日比谷線「神谷町」駅4B 番出口から徒歩12 分
・千代田線「赤坂」駅5 番出口から徒歩12 分
posted by Mark at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本産食品展示商談会 シンガポール

金融不安からもいち早く脱し今なお成長著しいアジア諸国。
なかでも東南アジア諸国とのビジネスにおける玄関口であるシンガポールは、
中国を超える経済成長率を続けています。

日本とは、二国間自由貿易協定(FTA)を締結済みであり、日本から関税無く
食品等の輸出が可能な国です。事前承認による輸入手続き、24時間空港、不正取
引の根絶、そして主言語が英語であること等から、海外輸出に初めて取り組む場
合においては、最も適した国と云えます。

現地では、日本食への関心も非常に高く、日本食品の取り扱いが地元スーパーに
も広がっており、安全安心の日本食材、健康をイメージさせる加工食品、世界一
のブランドである日本の魚、日本を代表する和食文化・寿司、そして数々のB級
グルメが、熱い支持を得ています。

過去2年間にわたって、日本食品の小規模な展示商談会が開催されましたが、より大
きな規模で継続的な開催を望む声が多く、この度の開催発表となりました。
あわせて、ヤマトトランスポートがTA・Q・BIN(宅急便)として、現地で本格的に
宅配便事業に取り組む等、日本食品におけるビジネス環境が整いつつあります。
現地で初めて、日本食に限定した展示商談会は高い注目を集めること間違いなく、
広く関心を集める展示会と、個々の商談会とを組み合わせたトレードマッチングE
XPOとして開催し、皆様の東南アジアにおける販売促進、マーケティング活動の
一助となるよう主催者一同、努めて参ります。
皆様のご参加、ご協力を心よりお願い申し上げます。

■日  時:2011年1月26日(水)〜27日(木)10:00〜17:00(最終日16:00)

■開催会場:シンガポール国際会議展示場 
      Ballroom 2nd Level
     (Suntec Singapore International Convention and Exhibition Centre)
      ?Raffles Blvd, Suntec City, Singapore 039593      

■募集小間:100小間
      
■主  催:「日本食品展示商談会」実行委員会

■出展対象:国産の食品(加工品)食材(米・野菜・果実・肉・豚・鶏・卵・魚など)

■お申込み方法:下記ウェブサイトから詳細・申込書等ご覧下さい。
  
  http://pr.gnavi.co.jp/promo/sing2010/


■お問い合わせ先:

  問い合わせ先1:株式会社ぐるなび
郵便番号:100-0006東京都千代田区有楽町1-2-2東宝日比谷ビル
担当者:大高、朴
電話:03-3500-9700(代表) FAX:03-3500-9742

問い合わせ先2:エグジビションテクノロジーズ株式会社
郵便番号:107-0052東京都港区赤坂8-5-26赤坂DSビル
担当者:菊地、船橋、井手
電話:03-5775-2855(代表) FAX:03-5775-2856
posted by Mark at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

家具・インテリアのコントラクト市場見本市  「Hospitality Asia 2011」(シンガポール)

<Hospitality Asia 2011 概要>
◆会 期:2011年3月9日(水曜)〜12日(土)
◆開催地:シンガポール
◆会 場:Singapore Expo

<ジャパンブース概要>
◆主 催:ジェトロ
◆全体規模:12社、144平方メートル、セミ・オープン形式の共同出展
◆コンセプト:省エネ・環境・健康・安全に配慮した日本のインテリア製品、
       内装材
◆対象出品物:
(ホテル、レストランなどの)コントラクト市場向け家具、取り付け装飾、
 照明、テーブルウェア、浴室設備、ファブリック、カーテン、
 ゲストアメニティ、セキュリティー用品、室内娯楽用品など。
◆出品料:117,000円
    (輸送なし、統一基本装飾含む)/小間(約9平方メートル)
     (各社1小間とします)
◆申込締切:2010年11月8日(月曜)書類必着(審査あり)
◆詳細、お申込みはこちら↓
 http://www.jetro.go.jp/events/tradefair/20100930523-event

≪お問い合わせ先≫
海外市場開拓部 海外市場開拓課(担当:篠原、遠藤)
TEL:03-3582-5313 FAX:03-5572-7044 
E-mail:Hospitalityasia@jetro.go.jp
posted by Mark at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

「シンガポールに学ぶ企業のリーダーシップ」   〜月浪倶楽部定例会 ビジターの参加も大歓迎〜


http://r26.smp.ne.jp/u/No/142947/DKSiI8H7ci0D_103395/0924_taisho.html

====================================================■□■

経済のグローバル化が進展し、私たちのおかれている事業環境も直接的、
間接的に海外の影響を避けて通れなくなっています。

今回はこのような背景のなか、一人当たりGDPがアジアで一番(購買力平価
ベース・USドル)であるシンガポールの現状と今後の展望を、シンガポール
日本商工会議所に事務局長として、2度にわたり長年勤務した経験をもとに
お話しいたします。
※なお、講演会終了後、講師・参加者による交流会を予定しておりますので
併せてご参加ください。


◆日 時: 平成22年9月24日(金)
     ・講演会:18:00〜19:30
     ・交流会:19:45〜(希望者のみ参加)

◆場 所: 大阪商工会議所 大正・浪速・西成支部 会議室
     (大阪市浪速区湊町1−4−38 近鉄新難波ビル11階)
 http://www.osaka.cci.or.jp/s/map/2370.html
 (※なお、交流会は場所を変えて開催予定です)

◆内 容: 
 ・講演会:シンガポールに学ぶ企業のリーダーシップ
 ・交流会:講演会終了後、場所を変えて交流会を予定
      (参加は任意、費用は実費徴収)

◆講 師: 大阪商工会議所 中小企業振興部
      経営相談室長 稲継 茂

◆定 員: 20名(先着順に受付し、定員になり次第締め切ります)

◆参加費: 無 料(講習会)
     (※なお、交流会参加者は別途、交流会飲食費実費が必要です)

◆お申込み、講座内容の詳細は下記HPをご覧ください。
 http://r26.smp.ne.jp/u/No/142947/DKSiI8H7ci0D_103395/0924_taisho.html

◆持参品: 交流会参加者は、名刺交換を行いますので約20枚ご持参下さい。

◆申込締切: 9月21日(火)
      (先着順に受付し定員20名になり次第締め切ります)

■お問合せ先:
 大阪商工会議所 大正・浪速・西成支部
 TEL:06-6649-5252 FAX:06-6649-5253

posted by Mark at 23:18| Comment(1) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする